産後太りを改善する為に重要なこととはいったい

妊娠中は、どんなに細見の人でも平均10キロ程度体重が増加します。出産を経て、体重がずいぶん減りますが、元通りの体型体重にすぐに戻すことは難しいでしょう。そのため、産後太りを改善するためにダイエットをする人がたくさんいるのです。

産後太りを改善する為に一番大切なことは、骨盤のゆがみを矯正することです。出産前は、子どもを産むために骨盤全体が広がっていきます。一度広がった骨盤はなかなか改善しませんし、妊娠前の状態まで戻すことは容易ではありません。しかし、しっかりと矯正をすることである程度は改善します。

出産をするとどうしても産道が広がり、形がゆがんでいます。これを医師の施術や矯正器具などで改善していくのはとても大切です。歪んだままの状態では、産後に体重が戻らなかったり、肩こり腰痛が酷くなったり、体のむくみを感じる様になるでしょう。

改善するには、産後3か月から10か月が特に効果的で、2年以内であれば改善する可能性があります。また、産後太りを無理に治しすぎないことも重要です。子どもを産んだ後は体力が失われ、ダイエットをする気力がない人も多いでしょう。また、授乳をしている人は十分な栄養を補わなければ、赤ちゃんに栄養を与えることが出来ません。

授乳をしていれば、自然とカロリーも消費されていきます。子育てをおろそかにせずに、出来る範囲で少しずつ体重を戻していけばよいのではないでしょうか。無理なダイエットをしないようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ