三温糖のダイエット効果とさまざまな砂糖の種類

三温糖は、上白糖を作るうえで余った糖液で作った砂糖の種類です。普通のシュガーよりも若干ミネラルが豊富ですが、高い健康効果があるという訳ではありません。なぜ、三温糖というかというと、糖汁を濃縮し、不純物を取り除き加熱濃縮し、さらに過熱濃縮をして作るからです。

三度の加熱と濃縮を繰り返して作るため、若干焦げるため白色ではなく薄茶色をしています。健康目的のために上白糖から切り替える人もいますが、特に効果はないでしょう。しかし、若干ミネラルが豊富なので、上白糖よりもコクがあり、料理には欠かせません。特に煮物やつくだ煮、お菓子などに良いのではないでしょうか。

シュガーには他にもさまざまな種類があります。キビ砂糖はきび汁で作った砂糖であり、さとうきび本来の風味を感じることができるでしょう。ミネラルが豊富に含まれており、風味もあり、形状も料理に使いやすいと評判です。

特に魚料理に使うと素材の臭みを和らげることが出来るのではないでしょうか。てんさい糖は、オリゴ糖がたっぷりと含まれている体に優しい砂糖です。腸の働きを活発にしてくれるでしょう。まろやかな味わいなので、あっさりとした料理に良いのではないでしょうか。

ダイエット目的で砂糖を選ぶのであれば、三温糖よりもキビ砂糖、もしくは、てんさい糖の方が良いでしょう。しかし、栄養豊富な種類でもあくまで砂糖です。食べ過ぎると糖分過多になってしまうので、適度な使用を心掛けてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ