ショ糖の500倍の甘さを持つ人工甘味料サッカリン

人工甘味料の一種であるサッカリンは、ショ糖の500倍もの甘味を持ち低カロリーという特徴があります。そのため、ダイエット目的で使用をする人や、糖尿病や肥満者が砂糖代わりに使用することも多いでしょう。ダイエット用のお菓子に使われていることも多い食品です。

しかし、サッカリンは安全性に問題がある物質だといわれており、1960年代に行われた実験では弱い発がん性の疑いがかけられました。また、研究が見直され、発がん性物質ではないとわかった今でも使用されることが少なくなりました。

これらの危険性から、使用量に上限が設けられており、厚生労働省により食品添加物としての使用は認められていますが、チューインガムには1キロあたり0.05g、粉末清涼飲料には1キロあたり1.5g未満などの制限があります。安全の為にも、成分表を良く見ながら服用するようにしましょう。

最近は、サッカリンよりもアスパルテームが注目されています。アスパルテームは低カロリーでダイエットに効果的なアミノ酸系甘味料です。人工甘味料ですが苦みも少なく、とても甘く独特の味を感じられるでしょう。砂糖よりも甘味が強く、少量だけでも十分甘さを得られます。

そのため、ダイエット飲料やカロリーゼロ食品に使われる機会が増えています。安全性も高いといわれており、がん発生率などとも関係はないと研究が出ているので、世界数百か所以上で使用されています。ダイエット中でも甘いものが食べたい、という人は低カロリー甘味料食品を探してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ