老化を進行させダイエットに悪影響をおよぼすコルチゾール

副腎皮質から分泌される主要な糖質ステロイドであるコルチゾールは、糖代謝やタンパク質、脂質代謝などに関わるとても重要な必須ホルモンの一種です。老化に密接な関係があり、過度なストレスを受けることでどんどん分泌されていき、老化を促進させてしまうでしょう。

体内の分泌量が増えることで、免疫力の低下や、やる気低下、記憶力低下などが起こります。慢性的なストレスのある人は注意が必要です。老化の進行は、ダイエットにも悪影響をおよぼします。年齢を追うごとに代謝が下がり、ダイエットをしても効果を実感しにくくなってしまうでしょう。

当然コルチゾールも、老化促進に効果を与えるため、老化物質が分泌しないように気を付けなければいけません。コルチゾールの分泌を防ぐには、まず、生活に余裕を持たせるようにしてください。余裕がないと、どうしてもイライラしてしまったり、怒りやすくなってしまったりしてしまいます。

心にゆとりを持ち、忙しいときこそ休息を取ることが大切です。自分なりのリフレッシュ方法を見つけることも大切です。特に、アロマテラピーは高い効果を発揮してくれるでしょう。心地よい香りに包まれると、自然と心もリラックスしていきます。

また、エッセンシャルオイルなどを使えば血行促進にも効果的です。睡眠と精神は深い関係にあります。そのため、極力6時間以上の睡眠を心掛けるようにしてください。睡眠不足の状態が続ければ、心に余裕もなくなり精神的にもつらい状態になってしまうでしょう。精神的に安定させることは、ダイエットにも重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ