調理の基本となる五訂食品成分表を知りダイエットをしよう

ダイエットをする上で大切なのが、食生活です。いくらたくさん運動をしていても、たくさんのカロリーを摂取していれば痩せることはできません。最近はさまざまなダイエット料理本が販売されており、それらを見ながらダイエットをしている人も多いのではないでしょうか。

ダイエット本や普通の料理本のレシピの参考になっているのが、五訂食品成分表です。これは、文部科学省が調査と好評をしている食品成分に関するデータであり、料理本だけではなく、学校や病院の給食管理や栄養指導などにも使われているほど重要なデータです。

日本国内で常用されている食品の成分が詳しく記載されており、それぞれの標準的成分のまとめも知ることができます。食品の種類はとても豊富で、実に1878種類もの取扱い数だといわれています。穀物類や魚介類、肉類はもちろん、お菓子や乳類、甘味料や砂糖、調味料などとても幅が広く、分類は18品群です。

五訂食品成分表を基準に標準的な成分値が示されていますが、食材や加熱などの調理や季節によって栄養価が変動するのでその点も気を付けながら食事をとる様にしましょう。

もちろん、一つの果物や肉でも、脂身の部分や皮の部分など場所によってカロリーも違います。栄養を知りたい場合は、五訂食品成分表を知りながらダイエットの食事を考えてみましょう。しっかりと栄養を補いつつ一日に必要な摂取カロリーを見極めれば、健康的に確実にダイエットをすることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ