ダイエット中の油料理にはコーン油を使おう

ダイエットはできるだけ脂分を減らすことが重要です。自炊をして、脂分の少ない食生活を送ることでダイエットの効果は高まるでしょう。しかし、油を一切使わずに料理をするのは難しいです。そこで、低カロリーのオイルを使った調理をすることをおすすめします。

低カロリーのオイルを使えば、食品の油分量を大幅に軽減し、ダイエット中でも安心して油料理を作ることが可能です。
コーン油は、低カロリーでダイエットにおすすめのオイルです。トウモロコシの胚芽から作られた油であり、胚芽オイルとよばれることもあります。

オレイン酸やビタミンB群、ミネラル、リノール酸など健康に良い成分をたっぷりと含んでいるため、ダイエット中でも安心して使うことができるでしょう。
オレイン酸は、善玉コレステロールの量を減らさず、悪玉コレステロールを減少することができます。

リノール酸は、体内で合成できない必須脂肪酸の一種であり、血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。ほかにも不飽和脂肪酸を豊富に摂取できるので、脂肪として蓄積されず、便秘解消効果も得られる油でしょう。加熱しても酸化しにくいという性質を持っているため、脂ものを使うときに特におすすめです。

この様に、オイルの中でもさまざまな栄養を持っておりカロリーも高くないものは、ダイエット中でも積極的に用いていきたいです。しかし、いくら体に良いといっても油ですから、過剰摂取は控え、適度な摂取をしながらダイエットを行うようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ