血中脂肪とコレステロール値、中性脂肪値について

健康診断や、トクホ商品のコマーシャルで良く耳にする血中脂肪とは、名前の通り血液中の脂質の値のことであり、血液中の中性脂肪やコレステロール値によって数値が左右します。高ければ高い程、いずれ皮下脂肪や内臓脂肪に発展していきます。

特に、年齢を追うごとにどんどん数値が上昇しやすくなってしまい、糖尿病、心筋梗塞、脂肪肝などさまざまな生活習慣病を引き起こすきっかけになってしまいます。

血中脂肪は知らなくても、コレステロールなら知っているという人は多いでしょう。コレステロールには、善玉と悪玉の2種類が存在しており、どちらも血液中にあります。このコレステロールの量次第で、血液中の脂質量も変化していきます。

悪玉が動脈内にたまればたまるほど、健康に害が及びその状態が続くと動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中になってしまう可能性があります。しかし、善玉は良いコレステロールなので、出来るだけ善玉コレステロールを増やし、悪玉を減らす様にしましょう。コレステロール全般が悪いのではなく、良い種類と悪い種類があるのです。

また、中性脂肪も血中脂肪と関係が深い脂質です。トリフリセライドともよばれており、この値を計測して健康診断やメタボ検診を行っています。中性脂肪が多ければ糖尿病や高脂血症などさまざまな病気に発展してしまうでしょう。この様に、健康の為にもダイエットの為にもわかりやすい体重や皮下脂肪だけではなく血中の脂質量も知りながらダイエットを行ってください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ