成長ホルモンのグレリンを知りダイエットに生かそう

食事に含まれている栄養素や体内環境次第で、痩せる体を作ることは可能です。特に、体重をコントロールする効果を持った『グレリン』と『レプチン』は高い効果をもたらすでしょう。それぞれ、成長ホルモンを刺激させて食欲を続伸させ、体脂肪が増えるとどんどん増殖するホルモンだといわれているのです。

これらは食事量を調節するなど、エネルギーの消費に関わる役割があります。
特に、グレリンはとても大切なホルモンです。胃の中から分泌される成分の一種であり、成長ホルモンの分泌を刺激して食欲を増進させる効果があるといわれています。

成長ホルモンが分泌されると、体は成長しなければ、と認識され、どんどん食欲が旺盛になるでしょう。また、お腹が鳴る程空腹を我慢すると分泌され、成長ホルモンの分泌が促進されます。この状態になると、体内のタンパク質や脂肪や炭水化物が働き体内活動が活発になり、骨や筋肉が新しく生まれ変わるお手伝いをします。

そのおかげで若返る効果を実感できるでしょう。
グレリンの分泌により、若返り効果と脂肪燃焼、そして食欲増幅の効果が同時に得られます。これはリバウンドの原因にもなり、太れば太るほど増殖するホルモンでもあります。

これらの仕組みを良く知れば、リバウンドしないようにダイエットをすることが出来るのではないでしょうか。空腹を我慢しすぎないように、この成分が分泌しすぎないように食生活を考えながらダイエットを行えば、効率よく痩せることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ