空腹感を抑えるためには血糖値上昇率の高い食品を

ダイエットは、空腹感との戦いです。運動をするだけでもダイエット効果を得られますが、普段食べ過ぎている人は食事量を少し減らすだけでも十分体重を減少出来るでしょう。しかし、間食を減らしたり食事量を少し減らすだけでも、お腹が空いたと感じる機会は増えます。

人の体は、血糖値が上昇すれば次第に満足感を得られます。普通の食事をする上で、人の血糖値が上昇するのは食べ始めてから15分経過してからだといわれています。そのため、15分以内に食事を終えてしまう人は満腹感が後から来るのでついつい食べ過ぎてしまうでしょう。

そのため、血糖値を上げやすい食べ物を最初に食べたり、お腹が付いた時に血糖値が上がりやすい食品を摂取すれば、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。
たとえば、黒砂糖や黒飴です。血糖値の上昇率が高く、満腹感を得やすい食品でしょう。思いついた時にさっと食べられるのでおすすめです。

生姜紅茶も良いでしょう。生姜を入れた紅茶は、通常の紅茶よりも体が温まりやすく、ダイエット効果も得られます。甘味が足りないという人は、黒砂糖や蜂蜜を追加してみましょう。チョコレートもおすすめです。糖分も栄養価も高いので、満腹感を得られやすいでしょう。

高カロリー食品ですが、一口食べる程度であれば大丈夫です。もちろん食べ過ぎには注意をして、一度に食べるのは一口程度にしておきましょう。この様に、簡単に血糖値の上昇するものを食べれば空腹感を抑えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ