脳細胞のエネルギーとなるグルタミン酸とは

脳神経細胞のエネルギー源となるグルタミン酸は、アミノ酸の一種です。脳機能を活性化する効果が高く、ストレスへの抵抗力を高めてくれるでしょう。ストレスがたまりやすい現代人には、おすすめしたい栄養素です。食品からの摂取も可能で、特に昆布やしいたけのうまみ成分として化学調味料に含まれていることも多い成分となっています。

体にとても良い成分ですが、摂り過ぎると脳細胞に障害が起こる可能性もあるので注意をして下さい。主な働きは、アンモニアの排出です。アンモニアは、体内で脳機能を妨げる活動を行います。しかし、そのアンモニアをとらえて酸性度を調整し、合成し、排出する効果があるので脳機能改善に良いといわれています。

また、細胞の柔軟性の維持やエネルギー代謝、窒素代謝に関与する効果もあります。アルコール依存症を抑制したり、疲労や気分の落ち込みを改善したり、ボケ予防をするなど、さまざまな年齢や性別に良い栄養素なのではないでしょうか。

グルタミン酸は、海藻、小麦、大豆、アーモンドや落花生などに多く含まれている栄養素です。そのため、これらの食品を適度に摂取していれば十分な成分を補給することが出来るでしょう。うまみ成分として、中華料理などに多く含まれていることもあります。

取り過ぎはいけないので、適度な摂取を心掛けて下さい。場合によっては手足のしびれや神経の高ぶりで不眠が生じる可能性もありますが、適度な摂取であれば問題ありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ