運動後に高い効果を発揮するアミノ酸とTCA回路

TCA回路は、クエン酸回路ともよばれています。1937年、ドイツ人の生化学者であるハンス博士が発見した研究であり、酸や脂肪酸の炭素骨格を9段階の環状の生化学反応で燃焼し、エネルギーを算出する回路のことをいい、この回路には、酸素を利用したミトコンドリア基質内で行われ、ミトコンドリア基質や内膜に存在するさまざまな酵素が関わっています。

効率の良いエネルギー生産やアミノ酸の整合性に関わる物質を生産するので、ダイエットや健康に高い効果を発揮してくれるでしょう。
クエン酸は、もともとダイエットにも健康にも欠かせない成分だといわれてきました。

レモンやグレープフルーツ、梅干しなどの柑橘系に主に含まれている成分で、体内で分解されたあとはアルカリ性になります。このアルカリ性は、乳酸の算出を抑制する効果があり、疲労回復効果を得られるでしょう。

特に、運動後にアミノ酸を摂取すれば体力回復効果を高めることが出来ます。中でも、スライスしたレモンにはちみつや砂糖をかけた食品は、クエン酸と糖を一度に吸収出来、糖分の力ですぐにエネルギー源として補給することが可能です。

また、クエン酸は、一度にたくさん摂り過ぎてしまっても余った分は分解されて排出されるので、過剰摂取による副作用は特にありません。運動を中心にダイエットをしている人は、クエン酸も摂取をするようにするとさらに高い効果を実感できるでしょう。TCA回路について知ることにより、更に効果的なダイエットを行うことが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ