基準体位を知り、自分のダイエットに生かそう

基準体位は、厚生労働省が日本人の栄養の摂取基準として示している日本人の食事摂取基準の推定平均必要量、目標量などから体重、身長など算出し、国民健康栄養量における体重身長の中央値から割り出した数値のことをいいます。

これを基準にダイエットをする人も多いでしょう。
たとえば、18歳~29歳の基準身長と基準体重は、男性が171㎝、63キロ、女性が157.7㎝、50キロと設定されています。

この値は、乳児期は0か月~5か月、6か月~11か月といったように、幼児期から18歳までの間は1年~2年間ほど間隔で細かく分けられていますがそれ以上になると18歳から29歳、30歳から49歳など10歳以上の広い域の数値を算出しています。

基礎代謝は、18歳から29歳の場合男性は1,510カロリー、女性は1,120カロリーです。女性の場合は妊婦、授乳婦を除いた数値となります。この数値を基準として一日の摂取カロリーを決めれば、少なくすればダイエットにも高い効果を発揮し、高めに設定することで体重の増加をさせる事が出来ることになります。

一日の摂取カロリーが、自分の年齢の数値よりも多い場合は少しずつ減らす努力をしましょう。しかし、これはあくまで平均値です。人によって基礎代謝量も違いますし、一日の消費カロリーも違います。運動不足の人やあまり動かない人は、平均カロリーを摂取しても太ってしまう可能性もあるでしょう。その点も踏まえたうえで、ダイエットをして下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ