さまざまな効果を持つダイエットにも最適な成分ギャバ

ギャバは、1950年に哺乳動物の脳から抽出されて発見した成分です。発見後、多くの研究を行い、神経中枢で働く良く整形の代表的な神経伝達物質であるという研究結果が出ました。この研究結果から、医療用医薬品などが開発され、消化管や神経伝達に関する薬に多く使われる成分となります。

優れた効果をもつ成分なので、現在もたくさんの研究がすすめられ、さまざまな医薬品が開発されています。日本国内では、2001年から食品の成分として認められるようになりました。まだまだ歴史の浅い成分ですが、アミノ酸成分の一種でありたくさんの栄養を含んでいるギャバを摂取し、健康維持をしようと考える人は少しずつ増えています。

特に、血圧上昇を抑制する効果や高ストレス作用、認知症予防、精神安定作用が注目を集めており、これらの症状を緩和したい人が摂取をすることが多いでしょう。
ダイエット効果も注目を集めています。成長ホルモンの分泌を促進し、脂肪分解酵素を活性化し、自律神経を穏やかにする効果があるのでダイエットに効果的でしょう。

ギャバは、大豆やお茶、玄米などから摂取をすることが出来ます。特に発芽玄米には豊富に含まれているので、発芽玄米を食べてみてはいかがでしょうか。

発芽玄米はもともとダイエット効果の高い食品として知られていて、食物繊維をはじめ、さまざまな栄養を補給することが出来ます。健康維持にも、ダイエットにも高い効果を発揮する成分なので、多くの人におすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ