インドの伝統的ハーブ・ギムネマのダイエット効果とは

インドの伝統医療であるアーユルヴェーダでは、ギムネマというハーブが使用されていました。このハーブは、血糖値の急激な上昇を抑え糖尿病を予防し、ダイエット効果をもたらすと2000年以上前から伝わってきた伝統的なハーブです。

このハーブは別名グルマールといい、正式にはギムネマ・シルベスタといい南インドから東南アジアで取る事が出来ます。グルマールはヒンディー語で甘みを壊すもの、という意味を持ち、名前の通り葉を数分噛むと甘みを感じなくなので、この名が付けられました。

甘みを壊すだけでは無く、ダイエットや糖尿病予防の他に、便秘解消や肥満防止などさまざまな効果をもたらします。血中コレステロールの低下にも良いという研究データも出ているので、これからもたくさんの健康に良いデータが出てくると期待されています。

日本国内では主にサプリメントやお茶、健康ドリンクとして加工して販売されています。特に錠剤や粉末タイプのサプリメントは飲みやすく、ダイエットの為や糖尿病予防の為に接種している人も多いでしょう。腸から糖質の吸収を抑制する効果があるので、食前にサプリメントを飲めば高い効果を得られます。

ダイエットに相乗効果を与えるよう、他にもダイエット効果の高いキチンキトサンやガルシニア、カルニチンなどさまざまな成分を配合したサプリメントや、これらの成分と併用して摂取をする人もいます。これらの栄養と一緒に摂取をすれば、より一層の効果が期待できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ