カップリングシュガーはダイエットに良いのか

カップリングシュガーは、オリゴ糖の一種で、ショ糖とブドウ糖、もしくはショ糖と麦芽糖に酵素を作用させて作ります。砂糖に見られる褐色反応が起こりにくい特徴を持ち、甘さは砂糖の半分程度でしょう。お菓子やパン、飲料水などによく使われている調味料です。

口内で歯垢のもととなる、不溶性グルカンと呼ばれる代謝物をほとんど作らないので、虫歯予防に最適な食品でしょう。そのため、小さい子ども等におすすめしたい商品です。
また、ダイエット中に軽減したいのが糖分ですが、低カロリーの砂糖に近い調味料を作ることで、日常の摂取カロリーを大幅に軽減することが出来るでしょう。

糖分を摂取することは、ダイエット中であっても欠かせません。糖質が足りなくなると、イライラしてしまったり、ストレスが溜ったり、集中力が途切れやすくなってしまいます。
ただし、カップリングシュガーは甘さは砂糖の半分程度ですが、カロリーは同等程度なのでダイエット中にはあまりおすすめできません。

そのため、カップリングシュガーをダイエット用食品だと考えて飲んでいる人は、止めた方が良いでしょう。また、過剰に摂取をすると下痢になったり、お腹が緩くなったりする可能性があります。

虫歯になりにくい、という性質のせいでダイエット食品だと誤解されることが多い食品ですが、あくまで虫歯になりにくい子ども用の食品に多く含まれているシュガーだという事を把握しながら摂取をするようにした方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ