摂取カロリーを減らして体重を減らすダイエット

ダイエットで欠かせないのが、カロリー計算です。実は、カロリーを計算するだけで、十分ダイエット効果を得られます。人は日々、栄養を摂取したり消費したりしながら生きています。年齢と性別に適した摂取カロリーより少なく抑えるといったように、栄養量を調整するだけでも体重を減らすことは可能でしょう。

一日の摂取量の目安は1500kcal程だといわれています。たとえばおにぎり一個で170kcal、カレーライス一杯で600kcalと計算をするとだいたいの摂取量を知ることが出来るでしょう。これらをしっかりと計算しながら食生活を送れば、ダイエット効果を実感出来ます。しかし、一日1500kcalはあくまで目安でしかありません。

人には摂取量の他に消費量もあり、消費量は人によって全然違います。普段から歩くことが多い人や運動をしている人であれば、一日1500kcal以上摂取したとしても太り難いでしょう。しかし、あまり動かない人や代謝量が低い人であれば、一日の食事量を減らしたとしても痩せることはできません。

カロリー制限のダイエットで大切なのは、出来るだけ外食ではなく自炊をすること、炭水化物の量を減らす、そして運動もするということです。確かに食べる量を減らすだけで十分ダイエット効果を得る事が出来ますが、それだけでは一定の量しか減らすことが出来ず、リバウンドしやすい体質になってしまうでしょう。

適度に運動をすれば、簡単な食事制限のみでもダイエット効果を得られます。間食を減らし、普段より少し食べる量を減らすだけでも十分効果を得られるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ