温熱療法とは遠赤外線などを使用して体を芯から温める

温熱療法とは、遠赤外線温熱器を用いて、体の芯まで温めていく方法であり、サーモセラピーと呼ばれる場合もあります。遠赤外線はじんわりと体の内部にある内臓にまで直接熱を入れていくことができます。

ツボを押したり、圧を加えたりしてさらに芯まで温めることができるので、とても気持ちがよく、リラックス効果も高いでしょう。体の深部にあるコリは指などではなかなかほぐしきれません。そこで熱の力を利用して、血行を促進させて、リンパの流れも改善していくことでコリを解消していきます。

また温熱療法には自律神経を整える作用もあります。自律神経機能が調節されると、内臓機能が改善され、自然治癒力が向上して免疫が高まるでしょう。また血流が促進され、リンパの循環がよくなると、体内でのエネルギー消費量も増大して、それによって基礎代謝も向上していきます。

基礎代謝が向上すると、体内に蓄積した脂肪も効率よく燃焼されるので、痩せる体質へと改善できダイエットにも有効です。また全身の機能を活性化させることにもつながります。
特に女性には、慢性的な冷え症で悩んでいる人が多いです。

体の冷えから肩こりや腰痛、月経痛などもひどくなってしまうと言われていますので、冷えを解消したいと考えている人も多いでしょう。また冷え症によって、むくみもひどくなり、便秘になってしまうこともあるので、体を温めて体温を上げることは非常に重要です。温熱療法は健康にも美容にもよい方法と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ