オリゴ糖は善玉菌のエネルギー源で、便秘解消に有効

オリゴ糖とは、腸内環境を整えてくれる糖分であり、近年では多くの健康補助食品やダイエット食品に含まれています。単糖が数個結合したものであり、腸内に入るとビフィズス菌など善玉菌のエサとなります。そのため善玉菌が増えて腸内環境が改善されると言われているのです。

また通常の糖分に比べると、カロリーが低く、虫歯にもなりにくいので、ダイエット中でも気軽に摂取することができるでしょう。またオリゴ糖には消化性と難消化性の2種類があります。整腸作用効果を期待して摂取する場合には、小腸で吸収されずに大腸まで届く難消化性のものを選ぶようにしましょう。

便秘で悩む女性は非常に多く、体内に老廃物や毒素が貯まった状態が続くと、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因にもなります。またお腹がポッコリでて、下半身太りにもつながります。便秘を改善することで、新陳代謝や基礎代謝が向上し、美肌やダイエット効果が期待できるのです。

しかし便秘は、便を排出するペースが乱れてしまっている状態であり、薬などで排便を促進してもその場しのぎになってしまいます。便秘薬を使っても症状は一時的に改善するだけでしょう。便秘を根本から治すためには、腸内環境を改善しなければなりません。

まずは大腸に善玉菌を増やして、弱酸性の状態を保つことが必要になるのです。オリゴ糖は継続して摂取しても問題ないですし、甘みも控えめでそのままでも摂取できますし、飲み物やヨーグルトなどに混ぜてもさっと溶けてくれるので、食べやすくおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ