オリーブオイルは必須脂肪酸が多く含まれコレステロール値を低下させる

オリーブオイルとは、オリーブの実から抽出したオイルのことで、食品や化粧品など幅広い分野で利用されています。地中海沿岸の地域で利用されたのが始まりで、日本でもイタリア料理が普及したころから人気がでてきました。いくつかの種類があり、風味や酸味、製造方法によって名前が異なります。

主成分はオレイン酸であり、オイルに含まれる脂肪酸のうち70~80%はオレイン酸です。またリノール酸やリノレン酸などの必須脂肪酸や、ポリフェノール、ビタミンEなどの抗酸化物質も含むので、体によいオイルです。

オリーブオイルには、コレステロール値を低下させる働きがあるため、高脂血症などの生活習慣病予防に効果があると言われおり、またリウマチ性関節炎や乳がんの発症リスクも抑えることができます。

また抗酸化物質を多く含むため、シワ、しみ、たるみなどを予防し、肌老化を抑えてくれ、保湿作用もあり、硬くボロボロになってしまった肌質を柔らかくしてくれるので、ハリや弾力がよみがえります。料理に使うのが一般的ですが、美容液の代わりに利用されることもあります。

さらにダイエット効果も高いと言われています。オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、血中コレステロール値を下げて、胃の調子を改善します。また腸内環境を整え、悪玉菌の増殖を抑制してくれるので善玉菌を維持でき、便秘解消にもつながるでしょう。しかし油なのでカロリーは高いので、取りすぎには注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ