オオバコは食物繊維の塊でローカロリーなのでダイエットに有効

オオバコとは、多年草で日本全土に分布している雑草です。車前草と呼ばれることもあり、豊富な食物繊維を含んでいるため、ダイエットに効果があると人気を集めていて、漢方薬としても古くから重宝されており、車に踏まれても生き残るほどの強い生命力を持っています。

オオバコの種皮は、水分を含むと10~50倍にも膨れ上がるので、ダイエット中に摂取すると満腹感を得られ、食べ過ぎを予防できます。また種皮粉末は、カロリーがほとんどなく、食物繊維の塊と言われているので、ダイエット中の人には抜群の栄養素といえます。

中国やインドでは、食物繊維を多く含んでいることから便秘薬として使用されています。
体内に貯まった老廃物や毒素を食物繊維と一緒に体外へ排出してくれるので、頑固な便秘も解消できるでしょう。

便秘になると毒素が溜まって、ニキビや吹き出物などもできやすいですが、便秘を改善することによって肌荒れも改善でき、美肌効果を得られるでしょう。またお腹がポッコリすることもなくなるので、スリムな体型になれます。
種皮はそのままだとクセが強いので、飲むのが難しいと感じる人も多いようです。

そこでオオバコを配合したダイエット食品の多くは、種皮粉末にオリゴ糖や甘味料などを適度に混ぜた上で商品として販売しているようです。種皮粉末を豆乳や牛乳などに混ぜて飲むと、味も気になりませんし、飲みやすくなります。食前に飲んだり、朝食代わりに摂取したりすることで、食べ過ぎを未然に防げます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ