エラグ酸はポリフェノールで高い美白効果がある成分

エラグ酸とは植物に含まれるポリフェノールの一種です。特にイチゴやベリー、ナッツなどに含まれており、その中でもブラックベリーに豊富に含有されています。効果としては高い抗酸化作用を持っていて、体内に発生した活性酸素を除去して、シミやシワなどの肌老化を防止してくれます。

また抗菌、抗ウイルス作用も強く、糖尿病などの生活習慣病予防にも効果的です。サプリメントだけではなく、食品や化粧品など多くの商品に利用されているのです。
また肌の漂白剤とも言われているハイドロキノンと同等の美白効果があり、美白成分として厚生労働省から認可も得ています。

日焼けは肌にあるメラノサイトが紫外線によって活性化して、メラニン色素を生成してしまうことで起こります。メラニン色素によって肌が黒くなり、しみやそばかすの大きな原因になるのです。エラグ酸は、メラニン色素が生成される際に使われるチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑制するので、結果的にメラニン色素生成を増やさないようにしてくれます。

また抗酸化作用が強いため、老化防止にも有効です。特に臓器の老化は血液中に過酸化脂質が増加してしまうことが要因となるので、過酸化脂質の生成抑制作用を持つエラグ酸を摂取すれば、体の老化を防ぐことができます。

また高血圧、高脂血症、心筋梗塞などの生活習慣病にもなりにくくしてくれるので、健康的な体を維持するためには必要不可欠な栄養素と言えるでしょう。ベリー類は普段食べないという人は、サプリメントなどでの摂取をおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ