深層筋とは、体を支えて内臓脂肪をつきにくくしてくれる筋肉

深層筋とはインナーマッスルとも呼ばれ、体を支えたり、姿勢の安定性を保ったりする働きがあります。股関節、肩関節など関節部分や背骨などについている小さい筋肉のことで、赤筋とも呼ばれています。深層筋を鍛えることでダイエット効果が得られると言われています。

インナーマッスルを鍛えると、基礎代謝が向上するため、食べても太りにくい体質へと改善してくれるのです。基礎代謝が上がると脂肪は効率よく燃焼されるのでダイエットをしたい時には、まずはインナーマッスルから鍛えるとよいでしょう。

また体がしなやかに動くようになり、体のバランスもとりやすくなると言われています。年齢を重ねても若々しく美しい状態を維持したいのであれば、インナーマッスルはしっかりと鍛えておくべきでしょう。年をとっても転んだりする危険性が少なくなり、姿勢もよくなるので、すらりと美しい体型になれるはずです。

また筋肉が衰えると老け込んでみえるので、この筋肉を鍛えておけば若々しさを持続できるでしょう。深層筋を鍛えるためのおすすめのトレーニング方法は有酸素運動です。

有酸素運動は、筋トレなどの無酸素運動に比べて脂肪を燃焼させやすいのでダイエットにも効果で、過度の負荷がかからないので、アウターマッスルを傷めることなく、安全に運動を楽しむことができます。

運動の目安としては30分以上継続してやることと、週2~3回は行うとよいでしょう。毎日やると疲れてしまいますので1日おきのペースで行えば、無理なく続けられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ