イヌリンは、多糖類で腸内環境改善、糖の吸収抑制に有効

イヌリンはゴボウ、ニラなどに含まれている多糖類です。体内に摂取されても、人にはイヌリンを分解する酵素がないため、吸収されることなくそのほとんどは体外へ排出されるでしょう。多糖類ですが、水溶性の食物繊維として分類されることもあり、腸内で発酵分解されたものはフラクトオリゴ糖に変化します。

水分を吸収するとゲル状に変わり、一緒に摂取した炭水化物などの糖質の吸収を抑制する効果があるため、ダイエットの効果に期待が持てます。また腸内に存在する善玉菌のエサにもなるので、善玉菌を増加させ、腸内環境を整えることが可能です。

腸内環境がよくなると、お通じがよくなり、便秘を改善できるでしょう。また腸のぜん動運動を活発にしてくれ、体内に貯まった老廃物を積極的に排除してくれます。ダイエット効果が高いため、多くのダイエット食品に配合されている成分でもあります。

糖質の吸収を抑制するので、食後に血糖値が急激にあがるのを防いでくれます。血糖値上昇を緩やかにしてくれるので糖尿病予防にもつながるでしょう。インスリン不足によって糖尿病にかかるケースが多いですが、インスリン生成に負担をかけることなく機能するので糖尿病予防に有効と言えます。

多く含む食品を積極的に摂取したり、サプリメントでも簡単に取り入れることができたりするので、ダイエット中には欠かせない栄養素であると言えます。またお腹の調子を整えたい人、糖尿病が気になる人にもおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ