胃下垂とは、胃が下に垂れてしまい消化不良を起こす状態

胃下垂とは、胃が下の方に垂れ下がってしまっている状態のことです。通常であれば、胃はみぞおちのあたりに位置しているのですが、垂れ下がってしまうとおへそや下腹部のあたりにある場合も多いです。上部の位置は変わらないことが多いのですが、下部が伸びきってしまっているのです。

背が高くて、痩せ型の人に多いと言われていますが、胃を引っぱり上げる筋力が弱い人や、ストレスなどで消化不良になり、消化物が残ってしまって起こる場合もあるようです。また暴飲暴食などもよくないと言われ、胃下垂になると、慢性的な消化不良を起こしてしまい、正常な胃と比べて3分の1程度しか消化能力がなくなってしまいます。

きちんと消化されないと、栄養分を吸収できないので栄養失調を引き起こす場合も考えられます。さらにその状態が続いてしまうと、潰瘍や炎症を起こす可能性も高くなります。

胃下垂になると太らない、ダイエット効果があると言う人もいますが、実際にはもともと痩せ型の人がなる可能性が高いのです。栄養を吸収しづらいので、体重が落ちたり、食欲も減退してしまったりして、太る要素は減っていくでしょう。

また腸のトラブルが起こりやすくなり、下痢や便秘などを引き起こす場合や、冷え症になってむくみが生じてしまうこともあるります。治すためには、食生活を改善し、暴飲暴食を防ぎ、早食いなども避けてゆっくり噛んで食べるようにします。また栄養バランスを考えて、適量を食べるように心がけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ