アナボリックとは、筋肉がタンパク質と同化し、成長しやすい状態のこと

アナボリックとは筋肉とタンパク質が同化することで、筋肉が発達した状態をいいます。ウエイトトレーニングなどの筋トレを行うときに、運動前にプロテインを摂取するとアナボリック状態を作ることができるので、筋肉は成長でき筋力アップにつながるでしょう。

筋肉が成長しやすい状態を作るためには、筋肥大を起こしやすいトレーニングを行い、筋肉量が増加するように適切な栄養素を摂取するのが大切です。特にタンパク質は重要であり、高タンパク質で低カロリーの食品を食べれば、脂肪を増やさずに、筋肉だけ増加させることができます。

またタンパク質以外にもビタミンやミネラル類、炭水化物などもバランスよく摂取するのが望ましいです。体内でタンパク質は分解されますので分解する量よりも、体内で合成する量を増やさなければなりません。

プロテインなどを飲むのももちろんですが、普段の食生活から良質のタンパク質をとることも心がけましょう。赤身の多い肉類や魚類、豆腐などの大豆製品であれば、カロリーを抑えつつ普段の食事に取り入れることができます。また植物性と動物性のタンパク質があるので、バランスよく食べることが大事です。

アナボリックな状態を作るために、テストステロンなどの男性ホルモンを投与したり、ステロイド剤などを使用したりすることもありますが、スポーツ選手が試合などでこれを使用しているとドーピング検査で失格になってしまうので、注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ