りんごペクチンは食物繊維でデトックス作用やガン予防に効果的

りんごペクチンとは、りんごに含まれる水溶性食物繊維のことです。ペクチンはりんご以外にも柑橘系の果実にも含まれており、食品のとろみをつけたり、細胞同士をつなぎ合わせる働きがあります。またコレステロールの吸収を抑制してくれるので、高脂血症などの生活習慣病の予防にもつながるでしょう。

りんごペクチンは皮の部分に大量に含まれているので、食べる時には皮ごと食べるとより効果的です。悪玉コレステロール値を下げるだけではなく、糖尿病、動脈硬化などの病気予防にもなります。

りんごを食べると医者いらずと言われるほど、重要な役割を持っているのです。
また食物繊維なので、デトックス効果も期待できます。腸内環境を改善してくれ、体内に貯まった毒素や老輩物をスムーズに排出してくれるので、頑固な便秘も解消されるでしょう。

便秘が改善すると新陳代謝も高まり、むくみも軽減されるので、ぽっこりお腹や、むくみで太くなった太ももやふくらはぎもスッキリ美脚になれ、下半身太りを解消したい人にもおすすめです。ダイエット効果が高いので、ダイエット中にりんごを食べる人は多いでしょう。

またガン予防や、塩分を体外へ排出してくれたり、血液をサラサラにする働きもあります。体内にある重金属とくっついて体外へ出してくれる効果もあります。整腸作用、血液サラサラ、ダイエット効果など健康的な体でいるためには重要な役割が多いので、積極的に摂取していきたい成分です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ