アマチャヅルはサポニンを多く含み美容効果が高い

アマチャヅルとは、ウリ科のつる性植物で、日本全国どこでも自生しており、中国やインド、マレーシアなどにも広く分布しています。葉の部分は、天日干しにしてお茶として飲まれたり、薬用としても使用されたりしており、ほんのり甘みがあって飲みやすく、一般的なお茶としても親しまれています。

生薬としては、肝炎や消化性潰瘍などに効果があると言われているのです。
アマチャヅルにはサポニンが多く含まれています。このサポニンとは配糖体の1つであり、水や油に溶けやすい性質があり、また苦みや渋みを加える成分で、ストレスを抑えてくれたり、神経興奮を落ち着かせてくれたりします。

人はストレスが原因で、胃潰瘍やガン、高血圧など様々な病気にかかる危険性がありますが、サポニンを摂取することでそれらの病気の予防にもつながるでしょう。
また血液中のコレステロール値を下げる働きや、血管拡張作用もあるため、高血圧を予防し、生活習慣病の予防にも大いに役立ちます。

またコレステロール値を下げることで、体内に脂肪が蓄積しにくくなり太りにくい体質を維持できるので、ダイエットにも有効でしょう。

老化予防にも有効で、新陳代謝を活性化してくれるので、肌のターンオーバーサイクルを早めてくれます。老化を予防できるので、若返り効果を期待でき、アンチエイジングにもおすすめです。アマチャヅルはお茶として飲むのはもちろん、サプリメントなどでも簡単に摂取することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ