アントシアニンはポリフェノールで視覚機能改善や脂肪蓄積予防に有効

アントシアニンは、青紫色の天然色素であり、ブルーベリーなどに多く含まれるポリフェノールの一種にです。植物が紫外線予防のために蓄える成分ですが、人に摂取することで視覚機能を改善したり、眼精疲労にも効果があったりすると言われています。

また抗酸化作用が強いため、シワやしみなどの肌老化を防止するアンチエイジング機能も備えており、いつまでも若々しく健康体な体でいられるでしょう。最もよく知られている機能は、視覚機能改善です。目の網膜に存在しているロドプシンと呼ばれるたんぱく質は、視覚を得るためには必要不可欠な成分です。

このロドプシンを再合成してくれるのがアントシアニンなのです。また白内障や緑内障などの目の病気を予防してくれるので、目が疲れたと感じた時には摂取するとよいでしょう。
アントシアニンは内臓脂肪の蓄積を抑制する働きがあるため、ダイエットにも有効的で、メタボリックシンドロームの予防にもつながると言われています。

また血糖値の上昇を抑えたり、動脈硬化を予防したりと生活習慣病にならないように効果的に働いてくれるでしょう。
多く含まれる食品としては、ブルーベリー以外にもカシス、黒豆、ナスなどの紫色の野菜や果物にも多く含まれます。

長時間加熱したり、保存したりすると成分の機能が損なわれてしまう可能性があるので、サプリメントなどで摂取するのが効果的です。体内に吸収されるとすぐに尿と一緒に排出されてしまうので、毎日継続して摂取することをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ