アルファリノレン酸は、不飽和脂肪酸で脂肪燃焼を促進し、中性脂肪を減らす

アルファリノレン酸とは、不飽和脂肪酸の1つであり、一部は体内でドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸に変換することができます。必須脂肪酸であり、体にはよいとされていますが、酸化しやすいために過酸化脂質にならないように注意が必要です。

アルファリノレン酸の働きとしては、アレルギーを改善し、高血圧を予防してくれるので生活習慣病にも有効であると言われています。また心臓血管系の疾患にもよく効くので、健康のために積極的に摂取する人も増えているでしょう。食品から摂取する場合には、油脂類に多く含まれています。

特になたね油や大豆油には豊富に含まれています。またゴマの実やマヨネーズなどの調味料からも少しずつですが、摂取することはできるでしょう。
保存に関しては、注意が必要で、熱、光、空気などに触れないようにしなければなりません。酸化してしまうと品質が劣化してしまうので気を付けましょう。

加熱調理すると成分の機能が失われてしまうので、ドレッシングやマヨネーズなどに使用するのが最もよいでしょう。またアルファリノレン酸は脂肪代謝を促進してくれるので、ダイエットにも有効的です。体内で善玉コレステロールを増加させ、悪玉コレステロールを減らせるので体内に脂肪が蓄積しにくく、太りにくい体質を維持できるのです。

中性脂肪が減ると、内臓脂肪は減っていくのでメタボリックシンドロームも解消され、病気にもなりにくく、健康的な状態を維持できるでしょう。青魚にはドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸などが豊富に含まれていますが、これらの成分も摂取できるので、魚嫌いの人にも向いています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ