アルギニンはアミノ酸の1種で脂肪燃焼を促進する

アルギニンは体内で生成することができるアミノ酸の一種で、アミノ酸の中では最もアルカリ性が強いと言われ、成人には非必須アミノ酸として位置付けられていますが、成長途中の子どもには必須アミノ酸になり、とても重要な役割を果たします。

大人でもアミノ酸はすぐに消費されてしまうので、新陳代謝が盛んな子どもには、すぐに不足してしまいがちで、補ってやる必要があるのです。
多く含まれる食品としては、ニンニク、イカ、白子などが挙げられます。また添加物として、化学調味料や栄養剤などに配合されている場合も多いでしょう。

機能としては、成長ホルモンの分泌を促進することができます。また免疫力アップにもつながるので、健康的な体を維持しやすくなるでしょう。また脂肪燃焼効果を促進する働きもあるため、ダイエット目的で摂取する人も増えており、特に運動前にアルギニンを摂取すると、脂肪燃焼に必要な酵素であるリパーゼを活性化させてくれます。

リパーゼが活性化することによって、脂肪はどんどん分解されるようになるでしょう。また筋肉量を増加させることもできるので、運動前に飲むと、脂肪を消費しながら、筋肉量アップにつながるので、理想的なプロポーションに近づけるでしょう。

またアルギニンには血行促進の機能もあります。血行が促進すると、新陳代謝が高まり、体内に貯まった老廃物を排出しやすくしてくれるので、むくみが消え下半身太りの解消にも役立ちます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ