アセスルファムKは人工甘味料であり、砂糖の200倍の甘さがある

アセスルファムKは人工甘味料の1種であり、世界の100か国以上で使用されている一般的な成分です。砂糖の180~200倍もの甘さがあると言われており、少量の利用でで甘みを付けることができます。またあまったるくなく、すっきりしていてキレのある甘さです。

清涼飲料水だけでなく、ガムやキャンディーなどのお菓子類や、ジャムなど多くの食品に添加されています。
特に最近では、ダイエットブームによりノンカロリーコカコーラや、ノンカロリーゼリーなどカロリーがないとうたっている食品が多く目立ちます。

これらの食品には、アセスルファムKが使用されているのです。人工甘味料ですが味はおいしく、爽やかな口当たりなので、優れた甘味料であると言えるでしょう。高濃度で配合しているものでも、メタリックのような風味は全くありませんし、苦みも気になりません。

またアステルパームやエリスリトールなどの他の甘味料と一緒に配合することで、より自然な甘みに近づけることができるのです。
ダイエット中の人は、ノンカロリーシュガーなどのカロリーを抑えた食品を選びがちなので、知らず知らずのうちに摂取していることが多いでしょう。

しかしアセスルファムKなどの人工甘味料は大量に摂取すると、人体に悪い影響を及ぼす可能性があると言われています。副作用としては、頭痛や吐き気、精神的な不安定さなど様々です。カロリーがないからといって、ダイエット中にそればかりを摂取するのは危険ですからやめましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ