LDLコレステロールは悪玉と呼ばれ、動脈硬化などを起こす原因となる

LDLコレステロールとは悪玉コレステロールのことで、体の組織にコレステロールを運搬する働きがあります。しかし細胞内で必要とする量は限られているので、LDLが血液中で余った状態になるとそのまま血管壁に沈着してしまい、そこから動脈硬化につながってしまうため、悪玉と呼ばれています。

善玉コレステロールは余分なコレステロールを回収する働きがあるため、動脈硬化を防ぐことができるでしょう。
LDLコレステロールが体内で増えてしまう原因としては、食べ過ぎ、肥満、ストレスなどがあり、また喫煙や遺伝も関連があると言われています。

LDLを減らすことができる食品として有名なのが食物繊維でしょう。
食物繊維は体内に溜まった老廃物を排出しやすくし、デトックス作用を持っています。また、食物繊維は胆汁酸を便と一緒に排出することができるので、胆汁酸の原料となるLDLを積極的に使用するようになり、血液中の値が減っていきます。

腸内にあるコレステロールも体外へ排出しやすくしてくれるので、腸から吸収される量も抑制できるのです。

大豆にもLDLを下げる成分がたくさん含まれています。特に大豆たんぱくは血圧を下げたり、LDL値を低下させたりできるので、基礎代謝が向上し、脂肪を燃焼しやすくしてくれるのでダイエットにも有効でしょう。また大豆に含まれるポリフェノールの一種であるイソフラボンは抗酸化作用が強力であり、酸化防止効果や動脈硬化を未然に防いでくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ