青パパイヤダイエットは、酵素やポリフェノールを豊富に含み健康的に痩せられる

青パパイヤダイエットは、青パパイヤの実や葉などを食べることで脂肪を燃焼できるダイエット法です。青パパイヤには、タンパク質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼ、糖分を分解するアミラーゼの3つの酵素がたっぷりと含まれています。

豊富な酵素があることで、食物を分解、吸収する能力に優れており、脂肪燃焼スピードも向上するのでダイエットに有効です。
また、肉などの高タンパク質と一緒に摂取を行うと、よりダイエットに効果的であると言われています。

青パパイヤダイエットでは、ヘルシーな食べ方を心がけることで、低カロリーでたっぷりの栄養、酵素を摂取できます。青パパイヤは薄くスライスして、生のままサラダにして食べるのがよいでしょう。加熱をしてしまうと酵素が熱変性してしまう可能性もあるので、注意が必要です。

また葉や実を乾燥させて、お茶として飲むのもおすすめです。乾燥させると栄養分がぎゅっと凝縮されますので、有効成分であるポリフェノールなどがたっぷりと摂取することが可能です。

青パパイヤに含まれるポリフェノールは赤ワインの7.5倍もあると言われています。ポリフェノールは高い抗酸化作用があり、体内で生成された活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素が増えると、動脈硬化やガンなどの病気を引き起こしたり、シワやシミなどの肌老化を起こしたりしてしまうため、体にとっては大量にあるとよくない成分であるとされています。抗酸化作用の強いポリフェノールを摂取すれば、生活習慣病予防にもつながるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ