スローフードとは、その土地でとれた食材や、食文化を大切にする考え

スローフードとは、ファーストフードや加工食品などを食べている食生活や効率ばかりに気をとられている生活を見直して、その土地に合った食べ物を中心とした生活をして、生産者を大切にしていこうとする考え方で、イタリアの小さな町で生まれたのをきっかけとして、現在では世界中の各国に広がりつつある思想になります。

スローフードを掲げる運動には、3つのポイントがあります。まず1つ目に、昔から伝統として受け継がれてきた食文化を守っていくことです。その土地によって、伝わってきた伝統的な料理や食べ方、食材などは異なります。それらを忘れることなく、次の世代に受け継いでいくことが重要であると考えているのです。

2つ目に、昔から存在しているおいしい食材が消滅してしまわないように、野菜や豆類など価値ある食材を守っていくことが挙げられます。現代社会では、効率よく大量生産できる食材に目を奪われがちですが、昔からある食材は非常に価値のあるものです。

それらを保護していけば、食文化を守ることにもつながるのです。
子どもたちが小さい時から、味覚に関しての教育を行ってあげることが3つ目です。

小さい頃から、味や香りに敏感になることで食に対しての興味を持たせられます。スローフードの考え方は日本にも昔から根付いており、地産地消という言葉があります。これは地域で生産し、地域で消費するという意味なのです。その土地でとれた食材を食べれば、健康的な体を維持できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ