睡眠ダイエットは、睡眠をしっかりとることでやせホルモンを分泌する

睡眠ダイエットとは、その名の通り、睡眠をとることで痩せられるという魅力的なダイエット方法です。人間の体はきちんと毎日眠ることで300キロカロリーを消費していると言われています。寝ている間にカロリー消費してくれているのが、成長ホルモンです。

この成長ホルモンは寝ている間に多量に分泌すると言われており、体のダメージを修復してくれるのです。また若返るホルモンと呼ばれる場合もあり、肌老化を防止して、生き生きとした肌質をキープできるでしょう。

成長ホルモンには脂肪分解を促進する働きもあり、痩せホルモンとしても注目されていますので、成長ホルモン分泌を促せば自然と体重を落とすことが可能なのです。寝ている間に分泌を促すためには、夜中3時には必ず眠っておくようにしましょう。22時~3時の間がゴールデンタイムと呼ばれ、最も分泌量が増える時間帯になります。

夜更かしをしていると分泌量は少なくなるので、しっかり夜中は睡眠をとるようにしましょう。また眠りについて、3時間はしっかりとまとめて眠るようにすることも効果があると言われています。
またトータルの睡眠時間としては、7時間が望ましいとされています。

寝る時間が少ない人ほど肥満になりやすいと言われていますので、質のよい眠りをすることもダイエットには非常に大切になってくるのです。さらに質のよい眠りをするためには、就寝前に入浴を行うのもよいでしょう。寝る1時間前までには入浴を済ませておくとよいです。38~40度のぬるめのお湯に10分程度浸かりましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ