自律神経は呼吸や拍動などをつかさどる神経である

自律神経とは自分の意識ではコントロールすることができない神経であり、自動的に働きます。呼吸をしたり、心臓を動かしたり、汗をかいたりする行為は自律神経が関与していると言われており、活動する交感神経と、休む副交感神経の2つに分類することができます。

これらの2つが自動的に切り替わって生命活動を維持しており、めまいがする、眠れないなどといった症状はこれらの働きに関係があると言われています。主な働きは、精神の調整をすることです。悲しい、くやしいと思ったら涙が出たり、驚くことがあったら心臓がバクバクしたり、精神的な変化ある時に体が自動的に反応します。

また、神経の調節も行っていて、気温が上がったら体温を一定に保つために汗をかき、外界の刺激から体を保護するホメオスタシスが働くでしょう。

さらに内分泌系のホルモン調整にも関与しています。女性においては、排卵、月経、更年期障害など性周期のホルモンバランスと関係が深いと言われています。また、体内にウイルスや細菌が侵入してきた場合には、発熱して菌やウイルスをやっつけようとしたり、抵抗力を高めたりと免疫の調整も行ってくれるのです。

私達の生活においては欠かせない働きをしてくれるのですが、ストレスや不規則な生活スタイルによって、自律神経のバランスが崩れてしまう場合があります。バランスが崩れると、頭痛やめまい、耳鳴りなどあらゆる症状を引き起こしてしまうので、注意しなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ