ポリフェノールは色素、渋み成分であり、様々な種類が存在する

ポリフェノールは、植物に含まれる苦みや色素、渋みといった成分になる物質であり、自然界には5000種類以上存在していると言われ、特に植物の根っこ、葉、茎などの含まれており、色が濃かったり、渋みが強かったりするとその含有量も多いとされています。

代表的な効能には、抗酸化作用があります。体内に発生した活性酸素を除去してくれるので、免疫力を高めて病気にかかりにくくしてくれたり、肌のシワ、たるみ、シミといった老化を防止してくれたりするでしょう。

水に溶けやすいので、摂取後短時間で効果を発揮してくれますが、持続時間は短いため毎日定期的に摂取するのが望ましいとされています。

ポリフェノールの種類としては、アントシアニンン、イソフラボン、カテキンなどがあり、アントシアニンはブルーベリーなどに含まれる青紫色の色素であり、400種は存在すると言われています。目によいとされ、視覚機能の改善をする働きがあり、疲れ目にも有効でしょう。

大豆などに含まれるイソフラボンは、女性ホルモン様物質の為、更年期障害や月経不順などの女性の悩みを解決してくれる効果があります。また、肌に若々しさを保ってくれるので、スキンケア商品などに配合されていることが多いでしょう。

カテキンは緑茶や紅茶などに含まれている渋みの成分です。抗菌、殺菌作用が強いだけでなく、体内での脂肪吸収を抑制してくれるので、ダイエットに有効な成分と言えるでしょう。また血糖値を下げる働きもあるため、生活習慣予防にもつながります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ