肥満タイプは気、血、水太りがあり、それぞれ原因、対処法が異なる

肥満になった原因などによって異なり、いくつかの種類に分類することができる事を肥満タイプといいます。ダイエット方法も違ってくるので、それぞれのタイプに合った方法で痩せていくのが効果的であると考えられているのです。

まず、がっちり気太りタイプは仕事や家庭環境、交友関係などでのストレスが原因となって、エネルギー代謝が低下して、脂肪や老廃物が溜まりやすくなってしまっている状態の人たちのことを言います。痩せるためには、代謝低下の原因にもなっているストレスを解消してあげることが重要です。

次に血太りタイプです。外食やインスタント食品などを食べる頻度が多い人によく現れ、肩こりや生理不順なども引き起こしてしまいます。血液の流れが悪くなり、血量が不足することで余分な老廃物がきちんと排出されずにそのまま体内に脂肪として蓄積してしまうため、肥満につながるのでしょう。

コレステロールや中性脂肪など内臓脂肪型の人が多く、血液もドロドロの状態で、高血圧や高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすくなっています。
水太りタイプの肥満は、水分を体外へ排出する機能がうまくいかずに、本来であれば排出される水分がそのまま体内にとどまり、むくみなどを生じてしまいます。

むくみが出ることで、下半身太りの原因にもなってしまいますので、新陳代謝を活発にして水分をスムーズに排出できるようにしなければなりません。最後に混合タイプは、上記の3つが絡まり合ってさらに悪くなっている状態のことを言います。生活習慣で肥満になっている場合が多いので、生活の質を改善しなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ