発芽玄米にはGABAが含まれ、脂肪分解を促進するためダイエットに有効

発芽玄米は、発芽した状態の玄米のことであり、非常に高い栄養価があります。発芽する時に酵素が関与しており、その働きで糖質が分解されて甘みが増加しています。またタンパク質も分解されているので、うま味成分であるアミノ酸が多く配合された、味わい深いうま味や甘みを持ったお米なのです。

玄米と同じく硬い皮に包まれていますが、発芽しているため外側の皮が軟らかくなっているので、プチプチした食感を楽しめるでしょう。
発芽玄米には様々な栄養素が含まれており、ダイエット効果も高いと言われており、その中でもGABAと呼ばれるアミノ酸が多く配合されています。

GABAは中性脂肪を分解する作用があり、血糖値を下げることができ、糖を脂肪に変換するのを未然に防いでくれるのです。また、満腹中枢を刺激する働きがあるフィチン酸も含まれ、フィチン酸を配合していることで満腹感を得られやすいので、食べ過ぎ防止につながるでしょう。

また、美肌効果も持ち合わせており、活性酸素を除去する働きがあります。発芽玄米には抗酸化物質が豊富に含まれているので、体内で生成した活性酸素を除去し、シワ、シミ、くすみなどのない若々しい肌を維持できるでしょう。

さらに過酸化脂質の発生を抑制してくれるので、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、ガン、脳卒中などの病気予防にもつながります。主食を置き換えるだけでダイエット効果を期待できますし、健康的な体をキープするために手軽にできる方法と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ