茶カテキンは、緑茶に含まれるポリフェノールで脂肪燃焼を手助けする

茶カテキンとは、お茶の葉に含まれるポリフェノールであり、特に緑茶に多く含まれています。清涼飲料2大ポリフェノールとも言われており、独特の苦み成分を持っています。効能としては、高い抗酸化作用を持っています。

体内に発生した活性酸素を除去してくれるので肌や臓器の老化を防ぐほか、過酸化脂質も減少させてくれるので動脈硬化予防にもつながるでしょう。
また、抗菌、抗ウイルス作用や整腸機能やコレステロールの上昇を予防する機能など、様々な効能を有しています。

茶葉に含まれるカテキンは発酵すると減少する傾向があるので、半発酵茶であるウーロン茶や発酵茶である紅茶よりも緑茶に最も多く含有しているのです。湯のみ1杯の緑茶の中には100mgの茶カテキンが含まれていると言われています。

日本人は1日3杯程度飲む人が多いと言われていますので、300mgは摂取していることになるでしょう。
茶カテキンには肝臓などの臓器や筋肉において脂肪消費をサポートする働きがあるため、脂肪燃焼スピードをアップさせて痩せる体質へと改善してくれるでしょう。

脂質を燃やす機能を持つ、β酸化関連酵素を活性化してくれるので、脂肪燃焼量はアップするでしょう。体外から摂取される脂肪にも、体内に蓄積している体脂肪にも両方とも効果があるので、ダイエットには有効です。

生活の中で上手に摂取する方法としては、緑茶を飲む習慣をつけることでしょう。毎日飲むことを習慣づければ、手軽に摂取できます。また特定保健用食品を摂取するのもよいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ