最適運動強度とは脂肪燃焼効率のよい運動の強さのこと

最適運動強度とは、ダイエットなどを行う上で脂肪を最も効率よく燃焼させることができる運動の強さのことです。特に心拍数には脂肪が燃焼しやすい数値があると言われており、心拍数をチェックしながらジョギングなどの有酸素運動を行えば、脂肪燃焼を効率よく行うことができるでしょう。

最適運動強度を知ることで、ダイエットに成功しやすくなりますし、頑張りすぎて体を動かさなくてもよくなるのです。ダイエットでスポーツをする時には、目標心拍数があります。目標心拍数に合わせて力加減を調節するとよいでしょう。強度を低くしすぎると、有酸素運動を行っても脂肪燃焼されないので意味はありません。

強さによって心拍数は上がっていきますので、心拍数を上げすぎずに適度な強度で行いましょう。有酸素運動の最適運動強度は40~60%程度と言われています。これはボーリング、水泳、ジョギングなどが挙げられます。

自分の能力に合わせて体を動かしていくことが大切ですが、どの程度の強さで行うのかを事前に設定しておくとよいでしょう。目標心拍数が脂肪燃焼するのに最適な数となるので、その数値を目安に体を動かしていき、体内に溜まった体脂肪を効率よく消費していきましょう。

過度な強度のスポーツだと、継続して行うことが難しい場合もあります。ダイエットや健康維持のためには、毎日適度に体を動かすことがよいとされているので、継続して行えるような強度がベストだと言われているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ