抗酸化物質とは活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用のある物質

抗酸化物質とは抗酸化作用のある物質であり、活性酸素の生成や働きを抑制する効果があります。体内でも作ることはできますが、食物から摂取することも可能です。体内での生成は加齢とともに減少してしまうために、体内には活性酸素が増加し、肌やさまざまな臓器が老化する原因となってしまうのです。

食物から摂取できるものとして、ポリフェノール類や抗酸化ビタミン類、カロテノイドなどがあるでしょう。体内で活性酸素が増えてしまうと、動脈硬化やガンなどの病気の発症リスクも高まってしまうため、サプリメントや食事から積極的に取り込むことが理想的です。

また、肌においては、シワやシミ、くすみ、たるみといったさまざまな老化現象を引き起こしてしまうため、アンチエイジング対策として抗酸化物質を摂取する場合も多いです。
活性酸素はウイルスや細菌などから体を守ってくれる役割があります。

しかし増加しすぎると細菌などの外敵だけでなく、健康な状態の細胞にまでダメージを加えてしまい、老化を進行させます。また、過酸化脂質の発生を促進させるので、動脈硬化やガンなど死の危険のある病気になりやすくなるのです。

抗酸化物質としてよく知られているのが、特にビタミンCで、ついでビタミンA、Eでしょう。またマンガンなどのミネラル類にも抗酸化作用を持つものがあります。さらに植物に含まれているファイトケミカルにも抗酸化作用があります。ファイトケミカルは紫外線による酸化を防止する働きがあり、非常に強力な効果を持っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ