健康リテラシーとは、健康維持のために必要な情報を理解、役立てる能力

健康リテラシーとは、健康を維持するために自分にとって最適な情報を選択し、理解してそれを役立てていく能力のことであり、ヘルスリテラシー、医療リテラシーと呼ばれる場合もあります。健康促進、維持のための情報を役立てる能力には個人差があると言われており、能力が高ければそれだけ健康に気を使うことができているのです。

体の調子が悪くなった時に、学校や仕事を休むべきか、病院へ行って診察を受ける必要があるのかどうかという判断は個人にゆだねられています。この時の意思決定で重要なのが、健康リテラシーです。適切な判断が必要となるので、情報収集や理解が大切なのです。

またダイエットにおいても、注目されている話題のダイエット方法などが本当に有効であるのか、自分にとって適切であるのかを見極める力も健康リテラシーが必要になってきます。

身体によくない、悪影響が及ぼされるものや安全性が確立されていないダイエット方法やサプリメントなどの使用はやめた方がよいと、きちんと判断できる能力が大切です。
信憑性のないサプリメントや高価なダイエット食品などに何度も騙されてしまう人は、ヘルスリテラシーが欠如していると考えられます。

きちんとヘルスリテラシーを持っている人であれば、体に効果がないものであれば健康サプリメントは摂取する必要がないというすぐに理解できますし、ダイエット食品ばかりを摂取していてもきちんと運動もして、脂肪を燃焼させなければ意味がないとわかるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ