グルカゴンは脂肪を分解する痩せるホルモンである

グルカゴンは、インスリンとともに血糖値をコントロールするホルモンです。膵臓のランゲルハンス島から分泌され、少ないと低血糖状態となり、慢性膵炎などの病気を引き起こしてしまいます。反対に過剰に分泌されると糖尿病などになるでしょう。血液中の糖分量が減ると分泌されて、肝臓のグルコーゲンを代謝します。

グルコーゲンは代謝されるとブトウ糖になり、血糖値を上昇させることができます。逆に血液中の血糖値が高くなりすぎると、血糖値を下げる働きをするインスリンが分泌されるのです。

また、グルカゴンには脂肪分解を促進して糖の利用を抑制する働きもあるので、体内に溜まった脂肪を燃焼しやすくしてくれ、ダイエットにも有効であると考えられています。脂肪を燃焼させるホルモンとして注目されているのです。

インスリンを下げるとグルカゴンを上昇させることができるので、インスリンが上昇する食品を食べないようにすると痩せられると言われています。低インスリン値の食品として玄米や大豆、キノコなどが挙げられます。

血糖値が下がってインスリンが低下すると空腹感を感じるのですが、この空腹感に耐えることができれば体重を落としてスリムなボディーになれるでしょう。空腹感は我慢や食欲抑制剤を使用することで抑えることができます。また、タンパク質やアミノ酸を摂取すると分泌が促進されると言われているので、良質のタンパク質摂取と適度な運動もダイエットには有効でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ