カプサイシンは唐辛子などの辛味成分で基礎代謝が向上する

カプサイシンとは辛味成分であり、唐辛子などに含まれます。皮膚をひりひりさせたり、咳や涙が止まらなくなったりする働きもあるため、催涙スプレーなどにも使われいるのです。効果としては、アドレナリン分泌を促進してくれる点が挙げられます。

毛細血管の血行が促進されるため、基礎代謝が向上し、脂肪分解効率が上がり、太りにくい体質へと改善してくれるのです。また、発汗作用もあるため大量の汗をかくことができ、体内に貯まった老廃物を排出しやすくなるのでデトックス作用も期待できるでしょう。

カプサイシンはダイエットにも有効であり、有酸素運動などと組み合わせることでさらに発汗作用が向上し、脂肪を燃やして体重を落とすことにつながります。新陳代謝も上がるので肌のターンオーバーも早まり、肌老化を防止することも期待できるでしょう。

また辛味成分は、料理に使用することで刺激的な味になり、塩分を少なくできるため、減塩効果も期待できます。塩気が少なくてもしっかりとした味付けになるので、体に良いと言えるでしょう。減塩すれば血圧を下げられるので、高血圧を抑制し、生活習慣病予防にもつながります。

さらに抗菌や殺菌作用もあるため、胃を保護する役割もあります。カプサイシンが体内に取り込まれることによって胃の粘膜の血流が促進されるため、胃潰瘍などになりにくく、胃の保護にも役立つでしょう。免疫力も向上して病気にかかりにくくしてくれるので、ダイエットだけでなく健康増強のためにも注目されている成分なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ