過食症は摂食障害であり、暴食と嘔吐を繰り返す

過食症とは摂食障害の1つであり、神経性過食症、神経性大食症と呼ばれる場合もあります。9割が女性に発症し、特に20~30代に多いと言われていて、原因としては、社会的、心理的なストレスや家庭環境なども影響しており、ダイエットも影響してきます。

症状は暴飲暴食を繰り返し、無茶食いをします。ただの食べ過ぎというわけではなく、短時間で過剰に食べてしまうというのが特徴です。大量にお菓子などを買って部屋にこもったり、家族にばれないように隠れて食べたりします。

食べた後は、そのままではなく、肥満を恐れて自己誘発嘔吐をしたり、下剤を使用して絶食したりする人もいるでしょう。そのため、肥満の人よりも普通体型の人が多いです。また、食べて吐くという行為を繰り返してしまうことで、不安を感じたり、気持ちの浮き沈みがあったりする場合が多いです。うつや不安障害に併発して起こる人もいます。

過食、嘔吐を繰り返すと、浮腫や脱水、むくみなどの症状も出てきます。さらにホルモンバランスが崩れて、月経異常が起こる場合もあるので、早急に対処しなければなりません。治療としては、対人関係療法などが重要です。

心理的な原因を解消してあげることで、過食を止めることができるでしょう。また、家族や友達などの周囲からのサポートも重要になってくるので、患者への接し方なども気を付けなければなりません。自分がこの病気だと周囲に言うことをためらう人も多いので、実際の患者数はもっと多いと言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ