除脂肪体重とは、脂肪を除いた体重のことでダイエットの指標になる

除脂肪体重とは、全体重から脂肪分を取り除いたものです。体内には様々な部位に脂肪はついていますが、一般的に皮下と内臓についた脂肪を抜いた体重と考えてよいです。骨、内臓、筋肉の総量であり、LBMと略される場合もあるでしょう。

同じ体重でもLBMが少ない場合には、筋肉量が少なくなっているので基礎代謝も低下し、太りやすく痩せにくい状態になっていることが分かります。ダイエットをする場合には、なるべくLBMを減らさずに体脂肪だけを落としていけば、筋肉量は変わらずに基礎代謝は低下しないので、痩せやすい体質に改善できるでしょう。

理想的なダイエットは、LBMに近い体重になるダイエットであり、ただ落とせばよいというものではないのです。拒食症などになるとLBMは減ってしまい、異常な状態になり、危険が高くなってしまうのです。

ダイエットサプリメントの中にはLBMに着目したものも多く、フォースコリーなどは脂肪燃焼を促進させる働きがあります。さらにサプリメントを飲んで、有酸素運動を行えば、肥満の原因になっている脂肪をスピーディに燃焼させて太りにくい体質にしてくれるのです。

代謝が活発に行われている部分の体重を表しているので、体重によって摂取する量が異なるサプリメントや食品などを摂取する場合には、目安になるので便利です。理想的な体を手に入れたい場合には、見かけだけにこだわるのではなくて、LBMなどに注目して美しいプロポーションを手に入れるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ