消化酵素とは、食べ物を消化吸収する働きがあるためダイエットに効果的

体内で生成、分泌される潜在酵素には、消化と代謝の2種類があります。消化酵素は、食べ物を消化、分解して栄養素として体内に吸収されやすい状態にする働きがあります。遺伝子に組み込まれた量だけを分泌するので、年齢を重ねるごとに分泌量は減少していくと言われています。

そのため中年になると、太ってしまったり、痩せにくい体質になったりするでしょう。また、体調不良を起こす場合もあるので、食べ物から積極的に摂取しなければならないのです。消化酵素には、アミラーゼや、プロテアーゼなどがあります。

プロテアーゼは、タンパク質をアミノ酸に変える機能を持っています。またリパーゼは、食べ物に含まれる脂肪や、体内に蓄積してある皮下脂肪や内臓脂肪を分解してくれるので、脂肪燃焼効率がアップしてダイエットに効果的と言われています。効率よく痩せるためには、非常に重要です。

食物から酵素を取り入れる場合には、生の状態で食べるようにしましょう。食物酵素は熱に変性してしまうため、53度以上で調理をするとその機能がほとんど失われた状態になってしまいます。

生のフルーツや野菜、発酵食品に多く含まれており、食品添加物や化学合成成分などが配合されていないものを選んだ方が、本来の働きを弱めることなく摂取可能です。食物から取り入れるのが難しいという場合には、酵素ドリンクという形で酵素を濃縮したダイエット用のドリンクも販売されているので、それを飲むのも便利でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ