フードファディズムとは食べ物などが体にもたらす影響を過剰に評価すること

フードファディズムとは、食事や栄養素が美容や健康にもたらす影響を、過大に評価してしまうことです。食事や栄養は少なからず体に影響を与えます。科学的根拠が実証されることが重要ですが、研究が十分に行われていない情報なども世の中に流出している場合が多いのです。

会社や企業にとって有益になるようなデータを流しているケースが多いと言われています。偏ったデータを鵜呑みにしてしまうと、その食品や栄養素に固執してしまう人が増えてしまうので気を付けなければなりません。

フードファディズムによって、この食品は体によい、これは悪いと言った選別をしてしまって、推奨や排除をする人も多いでしょう。テレビやインターネットなどから得るメディアの影響を受けやすいです。さらに最近では、インターネットなどのデジタル化が普及したことにより、昔に比べると莫大の情報を得ることができる時代になっています。

どの情報が本当にあっているのかをきちんと見極めて判断しなければ、危険なこともあるのです。フードファディズムの例として、納豆やバナナ、トマトダイエットなどがブームになり、スーパーからその食材がなくなってしまうといった状態が起こったこともありました。これはメディアで過剰に宣伝したために起こってしまったのです。

過度に偏った食生活を行ってしまうと、バランスの取れた栄養摂取ができなくなり、非常に危険です。栄養成分表示をしっかりと確認して食べるようにしなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ