FI値は食物繊維のカロリー値のことであり、低いものはダイエットに最適

FI値とはファイバーインデックス値のことで、食物繊維1gあたり含まれるカロリーを言います。値が低い食品は、低カロリーで食物繊維を豊富に摂取できるということになるのです。FI値が少ない食品として有名なのが、野菜やこんにゃく、きのこなどでしょう。

これらの食品を積極的に摂取すればデトックス効果も高まり、体内に貯まった老廃物をスムーズに排出できるようになるので、お通じもよくなることが期待できるのです。

またFI値を使ったダイエット方法も話題を呼んでいます。このダイエット方法は松井恒夫先生が推奨している方法です。低カロリーで食物繊維が多く含まれる食材を中心に、3食バランスの取れた食事を心がけることによって、腸内環境を整えることができ、健康的に痩せられるのです。

便秘になる原因として考えられるのが、食物繊維の摂取不足が挙げられます。便秘になると体内に溜まった毒素を排出できなくなり、肌荒れや下半身太りを引き起こしてしまうのでしょう。便秘に悩んでいる人は非常に多いと言われています。食物繊維をしっかりと取りこむことで、大腸にある脂肪を吸着してくれるので、毒素を排出しやすくなるでしょう。

また水分を含んで膨張するので、少しの量を食べても満腹感が得られますし、ダイエットにはぴったりの栄養素です。
体内のデトックスを行えば、体質改善にもなりますし、リンパや血行の流れもスムーズになります。新陳代謝も上がり、脂肪を燃焼しやすい痩せる体質に変わっていくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ダイエット用語

このページの先頭へ